スポンサーサイト






--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆◇◆当ブログ姉弟 HP&ブログ◆◇◆

★ 『ドーベルマンボルドー HP』★  ★Cooのつぶやき帳★   ★『ところによってはれ』★ 

★ 相棒のブログ 『ローカルSSの平凡なる毎日 ノーカット版』★ 


動物取扱責任者研修






2009年01月30日 21:29

 

動物取扱業を営む人は年に1回以上の研修を受けて(b´∀`)ネッ! と県からお手紙頂いたので、

本日、動物取扱責任者研修に行ってまいりました。 (本日久々にストーリーズUPしました)

受付では、先月うちの犬舎の立入り検査を行って下さった方々が

笑顔で迎えて下さったので、研修への親近感がグッとアップ!!

IMG_9419a.jpg


今回の研修場所は80人が定員でしたが、ほぼ満席状態でしたわ~。

早めに研修場所に到着したので前の方に席を取れました!⊂(^ω^)⊃ セフセフ!!

IMG_9418b.jpg


はじめの1時間は獣医師による「感染症による犬猫の下痢」を講習。

次の1時間は「動物の愛護及び管理に関する法令について」 でした。

その中のお話の一つに、動物保護管理センターなどに送られた犬猫の行く末がありました。

昨年度、うちの県では、迷い犬としてセンターに保護された犬は770頭で、

そのうちの160頭ほどが、飼主さんの元に戻れたそうですが・・・

なんと少ない数字なのでしょうね~(;´Д`) 残りの頭数は飼主さんからの名のりも無く

里親が見つからなければ殺処分だったということです。

今後、県では悲しい結末を今以上に少なくする為の10年計画を執行するそうで、

センターに保護された全ての犬に、(仔犬だけではなく成犬も含め)再び人と共に

生活できるか否かの適性検査を行い、適正検査の3ステップに合格した犬は、

譲渡候補として、生存への門を広げてゆくそうです。



しかしながら、センターに行く事を前提にして犬猫を飼われる方などいないはずです。

それなのに、毎年センターに保護される犬猫がいるのは何故でしょう。

飼う側の命に対しての責任感もそうですが、販売する側の命を扱い譲渡するのだという

責任感や意識の向上も、これから先しっかり養っていかねばならないと強く感じました。


研修が終了し、県より研修修了証を頂き、ドーベルマンズの待つ職場のスタンドへ!

早速、シェリーの 『おみやげは?』チェックが始まりました(笑)



私のジャケットのポッケに顔を入れ点検中のシェリー
IMG_9422c.jpg


私が留守の間のドーベルマンズの様子を、ルシファー殿下が写真に撮ってくれていました。

ボルドーは相変わらずフリスビーして下さい状態だったそうですが、

シェリーは、ここ2~3日前からのアレを裏庭で行っていたそうです。

それでは、アレをストーリーズにて御覧下さいませ。


※ストーリーズ サイト閉鎖の為、
ストーリーズが表示されなくなりました。


スポンサーサイト
◆◇◆当ブログ姉弟 HP&ブログ◆◇◆

★ 『ドーベルマンボルドー HP』★  ★Cooのつぶやき帳★   ★『ところによってはれ』★ 

★ 相棒のブログ 『ローカルSSの平凡なる毎日 ノーカット版』★ 




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coostoshi.blog7.fc2.com/tb.php/467-f22b540f
    この記事へのトラックバック


    2010.07.05に受賞


    ボンレスハム工房の
    ぼんちゃんに作ってもらったアイコン


    0039


    ★愛犬のプロフィール★

    Bordeaux (ボルドー)♂
     フリスビー大好き!


    Sherry (シェリー) ♀
    おてんば甘えっコ


    ボルドー&シェリーのコドモたち
    クリックで拡大します


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。