スポンサーサイト






--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆◇◆当ブログ姉弟 HP&ブログ◆◇◆

★ 『ドーベルマンボルドー HP』★  ★Cooのつぶやき帳★   ★『ところによってはれ』★ 

★ 相棒のブログ 『ローカルSSの平凡なる毎日 ノーカット版』★ 


愛犬の存在は心強かった






2007年05月19日 15:14


もうかれこれ二週間前から引きずっているワタシの風邪。

周りの皆も同じ時期にかかったのだが、ワタシの完治は遅く

数日前から治るどころか悪くなってるような状態で、特に咳がひどい。

ゴホゴホとしているだけなら、さほど苦しくもないのだが

気温の変化が激しい夕方になると、発作みたいな止まらぬ咳が出るようになった。


そして昨日の夕方。

その止まらぬ咳はスタンド接客時に発生! ヒーー(゚Д゚|||)

お客様の給油を終え、お勘定を頂く時に始まってしまったのだ。

『よん・・ゴホッゴホッ・・せん・・ゲハゲハ・・・きゅ・・ひゃく・・・』

無理に咳を止めながら金額をお客様に言おうとするも、声にならない

それどころか息が吸えない状況に陥ってしまい最後まで言えない。

苦しさと闘いながら、お客様に頭を下げレシートをご自分で見て頂く、

確か4973円だったように思う。


お客様は五千円札を出されたので、お釣りを取りに販売室のレジにヨタヨタ向ったのだが、

息がうまく吸えず、咳き込むだけの呼吸困難はおさまらずひどくなる一方。

このままではお釣り返しにいくことなど無理! と諦めたワタシは

販売室で読書していた兄ちゃん5に、咳き込みながらゼスチャーで釣銭を返しに行ってくれと頼む。


つぎの瞬間、激しい咳き込みのため嘔吐の気配が・・・

慌てて裏庭に飛び出しその場で何度も嘔吐を繰り返していた。
(汚い話ですみません)


息がうまくできず手足まで痺れてきて、もしかしたらこのまま気を失うかも?と思った時、

裏庭の扉が開き、兄ちゃん5の『だ、だ、、大丈夫?』 という言葉と同時に

ボルドーがワタシの傍らにすっ飛んできた。


ボルドーはワタシのまわりを一周しながら様子をみると、ワタシの顔を数回舐めてから

ワタシから数十センチ離れた場所に伏せて、ワタシをジッと見つめていた。

(兄ちゃん5はワタシの代りにスタンドの仕事に入ってくれ販売室に戻っていきました)



その後も咳き込みはおさまらず、ボルドーが見守るなか何度も嘔吐していたが

ワタシはボルドーの体に手を伸ばして咳と嘔吐がおさまるのを待った。



このような状態の中、ボルドーが傍らにいてくれたことは、本当に本当に心強かった!

よく小説や映画などで、愛犬が病気になった飼い主の傍らにいるシーンがあるが、

ビジュアル的な美しさみたいなものしか感じていなかったし、またそれがどのように感じられるかなど、

深く考えたこともなかったのだが、それは本当に本当に心強かった! 

正直なところ、自分がそのように感じるとは思っていなかっただけに驚きでもあったくらいだ。



何をしてくれるわけでもないけれど、ただジッと傍らにいてくれる愛犬の存在が

こんなにも心強いということを、あらためて感じた出来事だったのです。



もう大丈夫?
IMG_2695.a.jpg




スポンサーサイト
◆◇◆当ブログ姉弟 HP&ブログ◆◇◆

★ 『ドーベルマンボルドー HP』★  ★Cooのつぶやき帳★   ★『ところによってはれ』★ 

★ 相棒のブログ 『ローカルSSの平凡なる毎日 ノーカット版』★ 




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://coostoshi.blog7.fc2.com/tb.php/142-5c7c36b5
    この記事へのトラックバック


    2010.07.05に受賞


    ボンレスハム工房の
    ぼんちゃんに作ってもらったアイコン


    0039


    ★愛犬のプロフィール★

    Bordeaux (ボルドー)♂
     フリスビー大好き!


    Sherry (シェリー) ♀
    おてんば甘えっコ


    ボルドー&シェリーのコドモたち
    クリックで拡大します


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。