スポンサーサイト






--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆◇◆当ブログ姉弟 HP&ブログ◆◇◆

★ 『ドーベルマンボルドー HP』★  ★Cooのつぶやき帳★   ★『ところによってはれ』★ 

★ 相棒のブログ 『ローカルSSの平凡なる毎日 ノーカット版』★ 


ラム 前十字靭帯断裂 (涙)






2011年12月05日 17:43




今回記事は、ワタクシの飼育記録も兼ねて使用させて頂きますので、

動画はございません。ごめんなさい。




2011年12月4日(日曜日)昼

天気は最悪。

強風とゲリラ雨という天候は、この日で3日目。

裏庭は泥沼化していた。

雨が上がっている合間に少しでも運動させようと、

シェリー・レオ・シンシア・ラムを裏庭に出す。


ここ3日ほど天候が悪くまともに運動していなかったため、

みんな大はしゃぎで裏庭を走り回っていた。

恒例のシンシアとラムの鬼ごっこが始まる。

そしてその5分後、ラムが突然 左の後脚を上げた。

その状態で(3本脚で)まだ走ろうとしていたので、ラムだけを呼び戻し

室内にて上げている脚の様子をみるが、何かが肉球に刺さったなどの事も無く

骨折、または靭帯損傷を疑う。

が、この日は日曜・・・動物病院は午後は休診だ(涙)

しかしなぜ、、、急な病気や怪我、歯痛などは病院が休みの時が多いのだろうか!? 常々謎である。


ラムを裏庭から強制退場させて室内にて安静にさせ、その後の様子を観察。

この日は一日中、歩く時は傷めた後ろ脚をあげたままだった。





2011年12月5日(月曜日)午前 まだ天候悪し!


ラムを連れて動物病院へ。

昨日より若干だが脚が地面に近い(笑)

昨日から腫れもなく、食欲もあり元気はいつも通り。


ドクターの触診後、レントゲンを撮ってもらう。

骨折はなく前十字靭帯断裂と診断される。

激しい運動で急激な圧力が加わったことが断裂の原因。

ただ、ラムの場合は、靭帯全部が断裂しているのではなく、部分断裂の可能性が高いとのこと。



切れてしまった靭帯は元には戻らないが、犬の場合は、その負傷付近の筋肉が発達してゆき

普通に歩けるようになるという。動物に備わっている治癒力はスゴス!


ラムは今後、保存療法で様子を見ることになった。

※保存療法とは、安静にする、抗炎症薬を投与する、などして炎症が治まるのを待つ。


とりあえず一週間、抗炎症薬を服用させ、再来院し診察してもらう。

それまでにやっておく事は、リハビリ。

安静とはいえ、ある程度動かないと筋肉が落ちてしまい治癒力を弱めてしまうそうなので

5~10分ほど、ワタシの横につけてスローなペースで歩行をさせてやり、

その回数を様子を見ながら少しずつ増やしてやるというもの。


そして、 もし一週間経っても、今と変わらない状態で脚をあげている場合は

外科療法(手術)を行なった方がよいかどうかの診断をしてもらう事となった。




ラムっちょが早く良くなりますように!! 

 
o0600040011641063906.jpg




前回記事ではレスが返せないというのに、心温まるコメントを皆様から頂戴し

とっても嬉しかったです。ありがとうございました!


☆今回記事のコメント欄はクローズとさせて頂きます。





スポンサーサイト
◆◇◆当ブログ姉弟 HP&ブログ◆◇◆

★ 『ドーベルマンボルドー HP』★  ★Cooのつぶやき帳★   ★『ところによってはれ』★ 

★ 相棒のブログ 『ローカルSSの平凡なる毎日 ノーカット版』★ 



トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://coostoshi.blog7.fc2.com/tb.php/1061-4b2c1d7e
この記事へのトラックバック


2010.07.05に受賞


ボンレスハム工房の
ぼんちゃんに作ってもらったアイコン


0039


★愛犬のプロフィール★

Bordeaux (ボルドー)♂
 フリスビー大好き!


Sherry (シェリー) ♀
おてんば甘えっコ


ボルドー&シェリーのコドモたち
クリックで拡大します


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。